株式会社ワン・ツゥースリ|土地活用|賃貸|不動産売買|アパート・マンション|管理|京都府京都市

 

賃貸用語集①

 

わかりやすい賃貸用語集

わかりやすい賃貸用語集
 
●一般媒介・・・貸主が複数の不動産会社に媒介を依頼できる契約形態。依頼先を明示する
        契約としない契約がある。
●違約金・・・・契約の際に定められる、契約違反時に支払う金額の事。
●印鑑証明・・・現住所のある市区役所・町村役場にて発行できる実印の証明書。
        事前に印鑑の登録が必要。
●解約引き・・・償却金とほぼ同意語で、契約終了後に返金されない金額の事。
(敷引金)   一般的にはこれが退去後の補修費用として充当される。
●解約予告・・・契約した物件を退去・解約する際に契約書内の期限までに貸主・管理会社
        へ通知する決まりの事。通常は退去の1ヶ月~3ヶ月前。
●貸主・・・・・賃貸物件の貸主で、取引態様では賃貸物件の募集や契約等の手続きを、貸主
        及び転貸者自身で行う事。仲介手数料は発生しない。
●管理会社・・・貸主から物件の管理等を委託されている会社の事。トラブルや解約予告等は
        管理会社へ連絡する。
●管理費・・・・入居する住居の共用部分の維持・管理のために毎月支払う費用で家賃と共に収める。
(共益費)   よって仲介手数料の記載「家賃●ヶ月分」の中には含まれない。
●契約期間・・・物件の賃貸契約期間。首都圏では基本的に2年間で、期間後は更新手続きが
        必要となる。
●原状回復義務・賃貸契約の終了時、借主の故意や過失等により変わってしまった箇所を元の
        状態に戻す義務の事。自然消耗・劣化等による変化は含まれないとされる。
●更新料・・・・賃貸契約期間終了後、引き続き契約更新を行う際に支払う費用。家賃の1ヶ月
        程度が目安で、別途仲介会社への更新手数料が必要な場合もある。
●敷金・・・・・入居者の家賃滞納・契約違反時のための担保として支払う費用。原則として
(保証金)   解約時に返金されるが、一部または全額を原状回復費として充当される場合が多い。
●借家契約・・・定期借家契約とは逆に「正当な事由がない限り家主から契約を終了する事は
        出来ない契約の事。
●重要事項説明・契約時、契約の内容・建物の内容・条件・特約等を書面にし、読んで説明する事。
        宅地建物取引主任者が行う。
●初期費用・・・賃貸契約時に支払う費用で、敷金(保証金)・前家賃・管理費(共益費)・
        仲介手数料などがそれにあたる。
●善管注意義務・借主が部屋を過失・故意などで傷つけないように管理する義務の事。
        これに基づき原状回復義務と併せて補修費の請求が行われる。
●専任媒介・・・ 貸主と不動産会社の取引で、一つの不動産会社のみに媒介を依頼する貸主と
        不動産会社の契約。2週間に1回以上は不動産会社より営業活動の状況を
        書面で受け取る事が出来る。仮に依頼者自身で契約をする際は、その不動産
        会社に営業費用等を払う必要がある。
●即入居・・・・賃貸契約後、すぐに入居可能になる事。家賃は引越の時期に関わらず契約成立
        と同時に発生する。
●損保・・・・・損害保険の事。一般的には契約時に併せて指定の保険へ加入を行うものが多いが
        任意の場合もある。保証内容も様々なので契約時に要確認。
●宅地建物取引主任者・宅地建物取引主任者証所持者。不動産取引の際、宅地建物取引主任者証を
        掲示し、重要事項を説明し、重要事項説明書の内容確認・記名・押印等を行う。
●仲介・・・・・不動産会社が貸主と借主の間を取もち契約を行う。
(媒介)    一般的に仲介手数料が発生する。
●定期借家契約・契約時に設定した期間の満了をもって更新が行われない期限付き契約。
        貸主は公正証書交付などの通知が必要で、契約終了の通知は契約期間1年
        以上の場合、期間満了1年前から半年前迄にしなければならない。
        半年前迄の通知がない場合は、通知の日から半年後迄の契約が可能。
        また貸主の合意があれば、契約更新は可能。
●特約・・・・・契約の際に取り決める特別な約束事で、主に原状回復に関する特約が多い。
        契約時に要確認。
●特優賃・・・・特定優良賃貸物件の略で、地方自治体などが定めた基準を満たす物件に家賃補助
        を行い希望者に貸出している。礼金・更新料・手数料はない。
●取引態様・・・不動産会社が賃貸物件の契約において、貸し手と借り手の間で行う取引の種類。
(取引形態)  仲介・代理・貸主の形態がある。
●入居審査・・・入居希望者を貸主・不動産会社・審査会社が入居可能か様々な条件にあてはめ
        審査する事。
●入居申込書・・入居する物件を決めた際に不動産会社が用意し、その業者に提出する書類。
        契約書ではない。
●日割り家賃・・契約月(契約起算日から月末迄)の家賃を日割り計算した費用。
●前家賃・・・・契約成立月の家賃の事。契約時に初期費用としてその月の家賃を支払う為、
        前家賃という。日割りで計算されるが、月下旬の契約では次月分が含まれる
        こともある。
●申込金・・・・契約希望の意思表示の意味で申し込み時に支払う費用。契約手続きに進むと
        手付金に当てられるケースが多い。
●ルームシェア・一戸の住居で複数の人が共同生活する事。
●礼金・・・・・貸主へのお礼として借主が契約時に支払う費用。契約終了後も返金されない。
●連帯保証人・・借主の家賃滞納などの債務不履行時に責任を負う保証人の事。
        単なる保証人より責任が重く、貸主からの請求に応じる義務がある。
土地活用相談センター
株式会社 
ワン・ツゥースリ
〒611-0025
京都府宇治市神明宮北
50-45
TEL.0774-26-2700
FAX.0774-26-2700
営業時間:8時ー18時
※事前にご連絡頂きましたら
 時間外でもお待ち致しております。
定休日:毎週日曜日
◆京都府知事 (2)第13235号
◆賃貸住宅管理業者登録
 国土交通大臣(1)2425号
◆(公社)
 全日本不動産協会   会員
◆公益社団法人
 不動産保証協会  会員
───────────────
営業内容
あらゆる土地活用
不動産売買
・仲介 賃貸
・不動産管理
・老人ホーム、グループホームコンサルタント
───────────────
■宅地建物取引士
 ■賃貸不動産経営管理士
■二級土木施工管理技士
■上級定期借地借家権
616242
<<株式会社 ワン・ツゥースリ>> 〒611-0025 京都府宇治市神明宮北50-45 TEL:0774-26-2700 FAX:0774-26-2700